FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葵 女子高生痴漢体験:アルバイトかな?

thumb2.jpg
私は、16歳のJK1です。
夏休みに入って何だか退屈なので、私が春から体験していることをお話します。
私は埼○線で登校していますが、独りで乗ることが多いので、すぐに痴漢されるようになりました。
小柄な体型のせいで男の人たちに取り囲まれると他の乗客の人達から、見えなくなるので、5月に入った頃には、毎朝、同じ6人くらいのサラリーマンみたいなおじさんたちが私に痴漢してきました。
始めの頃は、スカートの上から触るくらいでしたが、私が声を出さずにじっと黙って下を向いているだけなので、だんだん大胆になってきました。
もちろん私は嫌でしたが、たくさんの男の人達に触れられて身体が熱く反応してしまうようになってしまい、ますます抵抗できなくなりました。
やがてブラウスのボタンを外されて乳首をいじられたり、スカートを捲くられてパンティーの脇から直接いじられるようになると、その頃には、自分でもわかるくらい濡れてしまうようになり、何回かはイカされるようになっていました。
一方的に触られる日が続いたある日、男の人の一人が私の手に諭吉さんを握らせてきました。
私が驚いているともう片方の手に硬くなったペニスを握らせて私にしごかせるように動かしたのです。
彼氏のより大きくて硬いペニスと満員電車での行為に私はぼぅーとして、男の人の手に合わせてペニスをしごきました。
5分もしないうちに男の人がうめき出し私の太ももに大量の精子をかけました。
次の日から毎日交代で一人ずつ男の人が同じように求めてきました。
私も気持ちよくなるのと、お小遣いがもらえるのとで、男の人達の求めに応じていましたが、やはり段々またエスカレートしてきました。
いつもの様にペニスをしごいているともう一枚諭吉さんを握らされ、肩を押されしゃがまされ、顔の前にペニスを突き出されました。
男の人が何を望んでいるか分かったので、私は、その人の顔を見つめ、彼氏にするようにペニスをくわえ込んで舌を使いました。
満員電車で制服姿の女子校生がペニスをしゃぶってる姿を他の男の人達が黙ってみていることが出来る訳なく、ペニスを握らせたり、自分でペニスをじごいたりしていました。
お口でしていた男性はあっという間に口の中に出してきたので、吐くこともできずに飲み込むと、周りの男性は次から次へと私の口の中に射精してきました。
何人の男の人の精液を飲んだからわかりませんでした。
次の日、いつもの男の人達から携帯を見せられるとそこにはペニスをくわえ込んだ私の写真がしっかりと写っていました。
当然その日から、電車の中で、男の人達のペニスを入れられるようになりました。
みんなきちんとゴムを付けてくれて、私の声が出ないように口を押さえてしていますが、私は安全日にはゴム無しで中出ししてもらってます。
もちろんお礼は多めにもらいますけど、おかげで買いたい物はなんでも手に入るし、彼氏にはエッチがうまくなったとよろこばれてます。
早く夏休みが終わるのを楽しみにしています。

SEXNow せっくすなう」様とリンクしました
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

涼子 OL痴漢体験:名古屋の地下鉄で・・・

251065-31693-97-179431-pc.jpg
私が利用する地下鉄は鶴舞線と言って 去年の今ごろち*んされた勇敢なる女子高生が大声を出しち*ん常習犯を逮捕してしまった路線です(新聞に大きくでました)。
それからは、楽しみだったち*んされる側の私はほとんどされることもなく寂しい通勤タイムになりました。
それが4月を過ぎ新入社員で地下鉄の電車の中が超混みになってからまた復活したのです。
私の立ち位置は、扉が開かないほうの横並びの座席の端っこ。
ちょうど座ってる人の端にある手摺りにお尻を向けてなかば腰掛ける状態で立ちます。
それも40歳以下であろう人が座ってるときだけですが、、、、。
そして服装は、必ずミニのフレアーで手を入れやすいように、あと愛用の下着ですがパンティーストッキングなのにちょうどパンティのところがないガーターベルトっぽいパンティーストッキングをはいてます。
もちろんパンティは、指を感じられる薄手のシルクです。
触られることを覚悟で乗り込むのです。
金曜日・・・相変わらず超混みで一度体制を決めたら手ですら動かせないほどの混み具合です。
横座りの端っこには30歳前後の男の人が座ってました。
まじめそうなサラリーマンでこれは触って来ないタイプだなぁって思いながらその人に背を向けてベストポジションに立ちました。
いつもより混んでるせいで押されて手摺りより私のお尻は彼の方に出てました。
私としてはとてもいいポジションを自然な形でとれたのです。
私が降りる駅まで約30分彼が行動に出たのは二駅目を越したときでした。
彼が持ってたスーツの上着とバッグを大きく持ち替えたんです。
その時バッグがお尻にあたり少し私は振り返り彼を見ました。
彼はすみませんと小声で言い、私は心の中で触って!と叫びながら 「大丈夫です」と微笑み電車の揺れに合わせて彼にお尻を押し付け知らないふりをして外をみました。
彼も何かを感じとったのかさっと私のお尻を触ったので私はもちろんOKでっすから何も知らないふりをしてまたお尻を押し付け次の行動を待ちました。
次の瞬間やっと彼の手はスカートの中に滑り込んできたのですが、ストッキングをはいてるのに生なパンティと太股があるのに一瞬驚いたのか手を放しましたがすぐにお尻を鷲掴みに。。。
そしてシルクのパンティを気持ちよくなで始めました。
何度もお尻をなでたり掴んだり、指でなどるように太股の内側を何度も・・・ あ~早く私のおま*こあたりに指を・・・・・ じらされる間に私は濡れてました。
指でやっとあそこをたての線に沿ってこすられパンティの上から指を押しいれられお豆をつままれたり押されたりでその指もだんだん激しく強くなって・・・来た瞬間私の前にいた50歳までは行ってないだろうと思われるおじさんが電車の揺れを口実に倒れてきたのです。
背の180ぐらいあるおじさんは バッグを胸にかかえた手を私の胸にタッチしてきたのです。
きっと彼に愛撫(チ*ン)されて気持ちいい顔をしてるのにガマンできなくなったのでしょう。
後ろでは 、彼がとうとうパンティを横にずらし指を滑り込ませてきました。
すでにぐちょぐちゅになった私のあそこを3本?の指でなで回し私のお汁をまんべんなく塗ってるようでした。
お豆を親指でコリコリっしながら他の指で上下左右に撫でられ前のおじさんにはバッグでかくされた手を胸に入れられ乳首をつまんだりひっぱったりクリクリとまわされたりしながらもみしだかれて私はいつのまにかお尻を彼に突き出し身体はおじさんに抱かれる状態で顔を外にむけたまま目を閉じてました。
電車がガタンと大きく揺れたとき彼の太い指2~3本が一気に突っ込まれてきました。
しっかりヌレヌレだったせいでスルリと・・・ その指を入れたり出したりねじったり私はイク寸前で必死でがまんしてました。
ふと胸から手が出て行ったので、え?って感じで見上げるとおじさんはニヤリと笑ってその指をペロリと舐めそのまままた胸に手を戻し入れおじさんの唾液で濡れた指で乳首をつままれコリコリ立った乳首を撫で回されました。 熱くなった体におじさんの冷たい唾液の指がなんとも気持ちよくおじさんを見上げてうっとりしてると、彼の指が お尻の穴を刺激し始めたのです。
親指でお豆 、3本でアソコ、 小指?でお尻の穴・・・・・・ セックスで好きな体位はバックなので私は彼の激しい指使いとおじさんの乳首愛撫で一気に果ててしまったのです。
あそこが激しくピクピクしてるのに気づいた彼は指を抜きおまん*を大きく撫でてぐちょぐちょになったお汁をふきとってその手でお尻を撫で自分の手もきれいにして自然に手をはずしていきました。
おじさんも私が胸をドクンドクンさせてるのに気づいて胸を2・3度大きく揉み最後に乳首をギュっとつまんで手を放しました。
夢にまで見た3Pチカ*でした。
このまま会社を休んでホテルに行きたい気分を押さえつつ降りる駅が来たのでふらふらと電車を降りました。
ため息といってしまった余韻で人気の少ない駅を歩いてると後ろから声をかけてくる男の人が・・・ 振り返るとさっき触ってくれてた男の人ふたりだったのです。
少し話ししていい?って言われうなずくと、彼ら二人は同じ会社の人でいつもあ~やって二人でチカンをしてるそうなんです。
私にとってあそこまでチカ*されたのは初めてだしチカ*されていっちゃったのも初めてだったので思わず 「上手なんで・・・・」って言ってうつむくとよかったらホテルで3pしない?って誘ってきたんです。
仕事は営業マンなので直行!って言えば済むし、あれより満足させてあげるよって誘われたまま駅の近くのホテルへついていってしましました。
彼らの「あれより満足させてあげる」の言葉通り・・・・・・・ものすごくよくてお尻の方までぐちゅぐちゅに濡れてしまいました。
はぁ~ 別れるときに「きみって 本当にセックスが好きなんだね」って笑われてしまいました。

お気に入り!!無料動画コレクション」様とリンクしました

なおみ OL痴漢体験:車両のトイレで

30f20e65.jpg
私が毎日使っている電車は停車駅が少ないので、一番端の車両にトイレがついています。
この間、そこで信じられないような目に遭いました。
人に押されて扉の前まで流されてきたら、そこで触られて、でも怖くて抵抗できないでいたら、なんと駅に停車してる時に、後ろから抱きつかれる格好で個室に連れ込まれました。
キャミは胸の上まで捲り上げられて、ブラは外されて生乳丸出し。
フレアスカートの中にも手を入れられて、ストッキングをショーツは瞬く間にずり下げられました。
後ろから耳を舐められながら、オッパイに爪を立てるように揉んできて、「痛い・・・」と言ったら、乳首を強くこね回されました。
クリも痛いくらいつままれて、怖くてそれ以上何も言えなくなった・・・そしたら、後ろから堅いものが入ってきて・・・壁に押しつけられながら数回突かれて、そしてその人は気がすんだのか、私を残してさっさと出て行きました。
私はショックで動けなくて、ボーッとしていたら、そこに50台ぐらいのオジサンが入ってきました。
私の嫌いな、整髪料が臭いタイプの人。
私の姿を見て、最初は驚いた様子でしたが、すぐニヤっと笑って、 「お姉ちゃん、どうしたの?」と私をいやしい目でみてきました。
「オジサン、オシッコするからさ」と言いながら放尿して、「ほら、終わったから舐めてよ」と、私の頭を押さえつけながら、汚いのを押しつけてきました。
「イヤ」と言うと、「朝からこんなHな格好してて、ほら、オジサンどんどん大きくなっちゃうじゃない。終わったらお姉ちゃんのもキレイにしたげるよ」と言いながら、無理矢理オシッコ臭いのを私の口に押しつけます。
もうどうでもよくなって、舐めました。
吐きたかったけど、オジサンに口を押さえられて、呑み込まされました。
オジサンは私のスカートの中に顔を潜り込ませて、犯されたばかりのあそこを舐め回してきました。
意外だったけど、 すごく感じる舌使いで、「はぁん・・・あん・・・」と声が出てしまって、 とうとうオジサンに舌でイカされてしまいました。
壁にもたれながらぐったりと座り込んでいたら、今度はズボンを腰履きした高校生ぐらいに見える二人が入って来ました。
「えーマジ、オッサンの言ってた通りだ」「トイレ行ったらやらせてくれるって、お姉さんのこと?」「な、何言ってるの」とは言ったけど、二人は体も大きく私はもう諦めてしまいました。
「おい、脱がせようぜ」と片方が言いだし、ジャケット、キャミははぎ取られ、ブラは 「これ記念にちょうだい」と持って行かれました。
スカートもファスナーを降ろされて汚い床に落ち、ショーツはもうずり下げられてたのを、「じゃあ、俺はこっち」と、また没収されてしまいました。
それから二人に好き勝手されて、ジャケットとキャミまで持って行かれてしまいました。
裸のまま、涙がとまらないでいたら、また人が・・・・40台ぐらいのサラリーマン風の人はやはり驚いていましたが、唯一残っていた汚れたスカートを履かせてくれて、スーツのジャケットを着せてくれました。
次の駅で、その人に優しく肩を抱かれて降りて、連れて行かれたのは・・・・ホテルでした。
それ以来、会社は休んでいます。

人妻の魅力 XVIDEOS・エックスビデオ」様とリンクしました

りょうこ OL痴漢体験:電車の中で痴漢に遭い、犯されました

6763.jpg
高校を卒業し、就職したばかりのころです。
田舎の電車なので、席は4人向かい合わせのボックス席。
私は車両の一番端の、トイレの隣の席に1人で座りました。
夜も遅かったので、乗客はぽつぽつという感じでした。
電車が発車してまもなく、私は少しねてしまいました。
次の駅あたりで、誰かが向かい側に座ったのがわかりましたが、 そのまま眠っていました。
すると、私のひざの上に洋服のようなものがかかってきました。
ちょっと目を開くと、向かいがわに座った男の人の上着でした。
私は少し深く座りなおして、また寝ました。
そのすぐあと、その上着の下から手が伸びてきて、 私の太ももをさわりはじめました。
ドキッとして目を開けると、私の隣にもう1人男の人が座ってきて、 私のひざの上の上着をきちんとかけ直しました。
向かいの席の人は足を伸ばしてきて、私の足を開かせます。
隣はトイレなので、気づく人もいません。
私は怖くて、ずっと下を向いたまま、必死に足を閉じようとしました。
しかし隣に座った男の人が、スカートをめくりあげてきて、 下着をさわりはじめました。
「やめてください。」小さい声で言いました。
その人たちは、聞かないふりをしてさわり続けてきます。
足はどんどん開かれ、下着の上から指を押し付けてきます。
私はずっと硬直したまま抵抗できずにいると、隣の人が下着をずらし始めました。
直接さわってきます。
そして小声で、 「いかせてやるから、おとなしくしてるんだぞ」 と言いました。
前の男が少し体を乗り出してきて、私の下着を脱がしました。
あそこに2人の男の人の指が入れられました。
「いやっ・・・。」 声にならなかったかもしれません。
車内はどんどんと人が降りていき、車両の中はとうとう3人だけになってしまいました。
触られていくうちに、ひざにかけられていた上着はめくりあがり、 私のあそこは丸出しになっていました。
胸ももまれ始め、上着の中に手を入れられました。
隣の男のひざに乗せられて、上着をまくりあげ、胸を出されました。
向かいの男は私の胸をさわりながら、吸い始めました。
「お願いします、許してください。」 恐る恐る言いました。
男たちは「許す許さないじゃないからさ、おとなしくしてなよ!」と言いました。
前の席に手をついて前かがみにされ、後ろから入れられました。
向かいの男は、私の胸をもみしだきながら、キスをしてきます。
口をふさがれ、後ろから突きまくられ、とても苦しかった。
そのうち、向かいの男はアレをだして、私の口の中に押し込みました。
すぐに口の中に出されて、私は吐き出しました。
うしろから入れた男も、私の体の中に注ぎ込みました。
私の太ももには、男の液体が流れていました。
そのあとも体制を変えて、かわるがわる中に出されました。
私が降りる駅を3つすぎて、やっと開放されました。
私はその人たちと同じ駅に降りるのが怖くて、 次の駅まで行き、駅のトイレにかけこみました。
体のいたるところに精子をかけられ、ぐちゃぐちゃになっていました。
その後、幸いにも子供はできていませんでした。
でも、電車に乗るときは、もう絶対に車両の一番端には乗りません。

変態の宴」様とリンクしました

りんか OL痴漢体験:夜の電車

cc7dab6f.jpg
いつも満員電車の中では痴漢に会った事はあるんです。
でも、この前は違いました。
夜の電車の中でした。
その日は終電でぐっすりと寝ていました。
隣におじさんがやってきて、太ももをさわり始めてました。
私はその日、会社の上司とトイレでやったあとで、まだ発情していていたのでそのまま寝たふりをしてました。
その人は太ももをさわりながらスカートをめくってきて、ついに下着に到着しました。
他にも乗客はいて、ちょっと薄目をあけてみたら・・
みんな見てました。
それにも感じちゃって・・
おじさんは慣れた手つきで私のクリチャンを下着の上からさすっていました。
思わず声が「あっ・・」って出てしまって・・
おじさんは「みんな見てるよ・・もっと足開いて」って言われて開いてしまったんです・・
そして、前にいたサラリーマンの男が急に私の前にきてしゃがみだし、パンツを全部下ろされおまんこをクチュクチュ舐められて・・
おじさんはブラウスのボタンをはずして、ブラをずらして乳首を舐めていました。
私がイキそうになってるのがわかったらしく、若い男は私を次の駅で降ろし、そのままトイレまで連れていかされ、トイレに入った途端、スカートの中に顔を入れて舐めてきました。
おじさんもついてきてて、あいかわらず、おっぱいを舐めまくっていました。
もうわたしも「あん・・あっ・・」って声をだしながらよがいていると、一人の男が個室から出てきて、 大きくなったちんちんを私のおまんこに入れてきました・・

「1000人斬り ~無修正動画とエロ画像とアダルトサイトの評価人~」リンクしました
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
ランキングサイト
人気ブログランキングへ 人気アダルトBLOG アダルト エログ-(エログランキング) アダルトブログランキング【エログなブログ】
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
出会いサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。