FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Azumi 女子大生レイプ強姦体験:数ヶ月の間に何百回も

a874f687.jpg
そのときの私は女子大の1年生で、バージンでした。
キスもまだしたことない、ちょっとおくてなぐらいの女の子でした。  
その私が夏休みに始めてアルバイトして、4つ年上の工学部の4年生の男性と知り合いました。
まだ別に彼になったとかじゃなく、友達の一人として。  
9月になって、彼から自分の大学の学園祭が近くあるから1度遊びにおいでと電話がありました。
ちょっと見せたいものもあるから、学園祭前に1度、研究室で会う約束をしました。  
ある日の朝10時ごろ、約束どおり、待ち合わせてそこへいくと、学園祭が近いと聞かされていたのに、校舎には余り人がいないようでした。
ちょっと不審がった私の背中を押してある部屋に押し込み、ガチャンと中から鍵を下ろしました。  
そこには10人くらいの男がいて、私を見るなりみなニヤニヤしました。
年恰好から、たぶん、同じ学生だったと思います。  
一緒に来た彼がいきなり私を羽交い絞めにして持ち上げ、小柄な私の足は簡単に宙に浮き、左右の足を別の男に捕まれました。
よく、レイプというと、殴る、ける、散々暴力を振るわれて、何の抵抗の甲斐なく犯された、とよく聞きますが、私の場合、平均よりかなり小柄なせいか、暴力はぜんぜん必要ありませんでした。
いくら自分は必死にもがいても、男の力にはぜんぜん勝てませんでした。  
日本手ぬぐいみたいなもので猿轡をかまされて、あっという間に全部脱がされ、机の上に仰向けに押さえつけられ、足を大きく開かされました。
一緒に来た彼が足の間に立ち、下半身を露出しました。  
はじめてみたそれはあまりに大きくて、赤黒くテラテラ光っていて、自分の中にそれが入るなんて絶対無理だと思ったし、恐怖で私は凍りつきました。
でも彼は平気な顔で私のあそこを指で開いて、それを押し当て、力いっぱい押し込みました。  
体が左右にメリメリ裂かれるような猛烈な痛みで、それから何の抵抗もできなくなりました。
記憶も1部、定かではありません。
終わってみると全員に何度となく輪姦され、あそこは少々の自分の血と男たちの大量の精液とでベトベトになりました。両方の乳首の周りもたぶん男たちの唾液でベトベト、体も頭もしびれたみたいでした。  
どうやって帰ったのかなんて覚えていません。
朝10時から夕方6時ごろまで、犯され続けていました。  
でもこれで終わりではありませんでした。
1週間ぐらいたって、偶然、学校帰りの電車で彼に会ってしまったのです。
「面白いものを見せたいから」といって、また会う約束をさせられました。
大柄な彼の迫力でうなづかされてしまった感じでした。  
その日、外の喫茶店で会ったのに結局、彼の一人暮らしの部屋まで行く羽目になりました。
1ルームの学生向けのマンションで、まず目に付いたのはかなり大型画面のテレビでした。  
その前のソファに座らされ、彼がビデオのスイッチを入れると、大型画面に映し出された画面に、私は耳まで赤くなり、うろたえました。
そこに映っていたのは、私でした。
全裸で足を広げ、次々と男を受け入れている姿が映っていました。  
しかも、そこに映っている私は、激しく腰を振っていました。
よがっていました。
一人の男がうなり声を上げ、精液まみれのあそこに別の誰かがまたすぐに挑みかかる、そのときに少しもずり上がろうとしたりしていないのです。
「すっごいだろ? これ。輪姦されてよがってるなんて」 「でも・・・あたし、覚えてないもの。・・・こんなの、あたしじゃないって言えばいい」 「でも、体は正直にできてるもんさ。ちょっと聞いてみようか」  
そこへちょうど、チャイムが鳴りました。
彼がドアを開けると、4人くらいの男が入ってきました。
「ちょうど、話してたスケベ女が来てるよ。覚えがないなんていうから、体に聞くしかないだろ? どうだ、この面子で?」 「いいねえ」 「やるか。さあ、全部脱いで」  
男たちはさっさと服を脱ぎ捨てると、私を捕まえました。
あっという間にまた腕と足を一人ずつに押さえられ、薄い下着の上から股間を撫で回されました。  
シャツをはだけられ、ブラジャーをずらされて乳首を吸われて。
「また犯される・・・」
頭によみがえってくる恐怖。
苦痛。  
だけど。  
次の瞬間、私を襲ったのは、信じられない快感でした。  
下着の中に、あそこに、指を2本入れられたのです。
乳首も吸われて、背中が反り返りました。
「え・・・?」  
自分でも何がなんだかわかりませんでした。  
気持ちいいのです。
もっとしてほしいのです。  
また、全員に、かわるがわる何度も犯されました。
あそこを精液でベトベトにされました。  
ただし、今度ははっきり快感を自覚しながら。
はじめから終わりまで。  
終わった後、今度はその中の一人とその友達5人と一緒にやることになりました。  
それからしばらくは、そういう風に、輪姦され続けていました。
週に1回か2回ぐらいずつ、だいたい4人か5人ずつ。
結局、何人とそれとも何十人とHしたことになるんでしょう。
何十回、それとも何百回、Hしたんでしょう。

xvideos動画まとめ ~娘嬢~ 」様とリンクしました
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

祐実 人妻レイプ強姦体験:私の話しを聞いて

974-28.jpg
私は、38歳主婦で結婚13年目を向かえました。
結婚して随分経ちましたが、主人とのセックスは好きになれません。
主人(43歳)にはすまないと思っています。
私のわががまで、ここ5年位はセックスレスが続いています。
結婚をした時から性生活については覚悟していましたが、身体が受け付けませんでした。
私は、主人とは見合い結婚で、交際中に主人に身体を求められましたが許す事が出来ずに結婚して現在に至っています。 私の過去を主人には、話せないでおります。
あれは、17年位前の事です。
大学を卒業する最後の年末の事でした。
クラスメート数人と飲みに行った時の事です。
学生生活最後と言う事もあり、会は大変盛り上がりました。
アパートに帰る時、いつもはタクシーを使うのですが、四年間住み慣れた街なので、歩いて帰ったのが間違えでした。
もう少しで、アパートと言う時に後ろから羽交い締めにされて無理矢理車に乗せられました。
手足を縛られ、抵抗も出来ずにあるビルに連れていかれました。
雑居ビルの部屋に押し込められました。
二十畳ほど部屋でベットがポッンと置いてありました。
隅には、囲いがないトイレが設置されており、窓が無い部屋でした。
私を拉致した男達は、ナイフで洋服を引き裂きました。
下着姿にされた私の首に鎖を巻き付けて、南京錠で逃げれなくされました。
私は首輪をされており逃げられず、三人の男達にベットに担ぎ上げられました。
男Aは、ハサミを取りブラジャーを切りました。
胸があらわになると他の男達が貪り始め、パンティーもハサミで切り刻まれてしまいました。
この時、恐怖が最高潮に達し、最後の力を振り絞って暴れ叫びました。
男Aは、ハサミで陰部の毛を刈り始めました。
更にハサミでクリトリスに触れ、暴れると切っちゃうぞ!
今度は、冷たいハサミを押し付けられて、始めてこれで死ぬのかと思いました。
あまりの恐ろしさに失禁してしまいました。
もう、脅されて観念したと判ると乱暴に扱わなくなりました。
男達に胸やクリトリスをいじられると好きでも無い奴でも、乳首やクリトリスはパンパンに勃起して、オマンコ内からは分泌された液が湧き出てくるのが判りました。
この時程、女の性を怨みました。
男達が貪るように身体中をなめ回すと、恥ずかしい話しですが、今まで経験した事が無い快感を感じました。
私は、この異常な快感に負けていました。
拉致されてから三日間は三人の虜となり何回絶頂に達したのか何回セックスしたのか判りません。
その後、ビデオ・写真をネタに脅され警察へ行く事は出来ずにいました。
やっと、家に帰してもらっ てからの二年間は、妊娠しないように避妊リングを入れるように命令されて、髪型・服装・化粧まで指示され、彼らの人形のような生活をしていました。
風邪をひいて寝込んだ時以外は、彼らの性欲を充たす為に抱かれてしまいました。
特に家に返された直後の二ヶ月位は、男達が入れ代わり、私を抱きに訪れていました。
学校を卒業する頃には、男達の人数も増え六人を相手に二、三日夜通し過ごす事もよく有りました。
会社に勤めるようになるとノーブラ・ノーパンは当たり前で、使用を許されていたのはストッキング ・前張り・タンポンでした。
男達の要求がエスカレートして行く中で私の中の違う私が淫乱な女になって行くのが感じられました。
これを書くに当たり、昔の日記を紐解いてみると。
この間の異常な性体験で、単純に計算しても二千回位は、セックスをしていたようです。
歳月が過ぎると彼らは、新しい女の子を私の時のように拉致し、私に飽きるとゴミを捨てるように縁が切れる事が出来きました。
この男達と別れた時は、再三欠勤等を繰り返していたので会社からは解雇されていました。
その後の私は、実家に戻り新しい生活を送りました。
両親の奨めで、お見合いを毎月のように行いましたが、全て断られてしまいました。
それは、私が原因でした。
直ぐに身体を許してしまう事が断られた理由でした。
両親は、性格が合わなかったと思っていたようです。
この時の私は異常な位の性欲で男の人と会話しているだけでも乳首やクリトリスが勃起してオマンコからは下着がぐっしょりと濡れるほどの女になっていました。
生理でもないのにタンポンを常日頃使用していました。
何かが入っていないと気持ちのコントロールがつきませんでした。
当時、別宅のマンションに一人で住んでいましたので、当時を思い出してもどれ位の男達が私を抱いたのか検討が尽きません。
私の母が、お見合いを続けて断られていることに疑問を抱き始めました。
母は、興信所に私の調査を依頼して、日常の行動や私の住んでいるマンションの盗撮を行いました。
ある夜、母がマンションを尋ねて来ました。
バックからビデオテープを取出し機械にセットしました。
画面を見て、私は身体が固まってしまいました。
二人の男とセックスしている私が写っていました。
二本のチンポがアナルとオマンコを貫いて悍ましい格好した私が写っていました。
家族には知られたくなかった淫乱な私を母に知られてしまいました。
母は、その後、私を監視するようにマンションで生活するようになりました。
母の奨めで今の夫と結婚を前提にお見合いを行いました。
夫は、恋愛経験がなく童貞でした。
親達は 私の意見など関係なく結婚をまとめてしまいました。
結婚式を終え一緒に暮らすようになって、初めてセックスする時も夫はオマンコに挿入するだけで三日もかかりました。 結婚しても母と同居(監視)している為に私には自由が有りませんでした。
夫は私の実家から家・車 ・生活費等の援助されているので、母の言いなりでした。

エロ画像マグナム-我慢汁大会- 」様とリンクしました

葵 女子中学生レイプ強姦体験:T先輩の怒りに触れて…

3.jpg
私が中1の時、2つ上のT先輩に殆どレイプまがいに処女を奪われました。
中1の夏前に、3年のT先輩に突然呼び出されました。
T先輩は結構ワルくて有名だったので「え、何で;;」…シメられるんじゃないかとビクビクしながらあまり人気の無い、体育館裏に向かいました。
するとT先輩が「俺と付き合えよ」と急に言ってきました。
あまりにも思いもよらない事だったのでビックリして、 「あの…すみません、まだ私、そういうこと考えてなくて…」 と、遠まわしに断ったつもりでしたが、 「あ、そう。じゃ、その気になるまで待ってっから。他にオトコ作んなよ。」と、スゴまれてしまいました。
実はこの頃、同じ部活のY先輩が好きだったんです。
Y先輩は背が高くてカッコよくて、優しくて…T先輩にきちんと話せればよかったのですが、何をするか分からない人だし恐くて、「好きな人がいる」とは言えなかったのです。
夏休みに入り、Y先輩は受験のため部活を引退。
会えなくなって寂しいな…そう思いながら図書館に行ったらY先輩がいて。
声をかけてくれて、その日の帰り「俺、しょっちゅうココに来てるからさ…葵もくれば?分かんないトコ、教えてやるよ」と言われて、嬉しくて舞い上がってしまいました。
でも…T先輩は私を放っておいてはくれなかったのです。
ある夜中、家の外が騒がしいなぁと思って外を見たら、T先輩とその仲間達が、ウチの前でタムロしていました。
T先輩は私を見ると 「おーっ!あおいーっ!」大声で騒ぎ始めたので、慌てて外に出て「やめてください…」と言ったら、仲間に 「こいつ、俺の未来の彼女。誰も手ぇ出すんじゃねえぞっ。もし、こいつにチョッカイだしてんの見たらボコすからな~」 と勝手に言っていました。
かなりお酒が入って、酔ってるみたいでした。
夏休みも終わり頃、Y先輩に「明日、映画に行かない?」と誘われました。
このときも、もう嬉しくて二つ返事でOKしてしまいました。
一瞬、T先輩のことがよぎりましたが、映画館は市外にあったので、見つからないし大丈夫だよね?と思ってたのですが。
その次の日、また家の前にT先輩がきて。
今度は1人でした。
「ちょっと、付き合えよ。」すごい形相で、言われるがまま、バイクの後ろに乗せられ、どこかの資材倉庫に連れて行かれました。
行って見たら、ボコボコにリンチされたY先輩が縄で縛られていました。
「やれッ。」 T先輩の命令で、仲間達がさらに殴る蹴るを繰り返そうとしました。
Y先輩は、気を失いかけていました。
「やめてーッ」私は泣き叫びました。
「コイツ、おめぇに手ぇ出したみたいだからな。だいたいお前、俺と付き合うんじゃなかったのかよ?返事によっちゃあ、コイツもっと酷い目に遭わすからな。」 私はゾッとして 「ごめんなさい。私、T先輩と付き合います。。だから、もうやめて。。」 と泣いてT先輩にすがりました。
「…俺の女になるんだな?じゃあ、証拠見せろよ。」 T先輩は、私を倉庫の中に引きずり込むと、私の服を破く様に剥ぎ取りました。
「ゃあ~~ッ・・」私は暴れました。
「Yがどうなってもいいんだな!?」 そう脅されて、私は力が全部抜けて、T先輩のされるがままになりました。
私が大人しくなるとT先輩は、私の体にむしゃぶりつくように舐めまわし、 前戯もあまりしないまま、いきなり私のアソコにペニスを入れてきました。
痛くて恐くて…でも涙が出るだけで、体が凍り付いてしまって、声が出せませんでした。
T先輩は痛がる私にお構いなしに、ひたすら腰を振っていました。
何十分かして…ようやく果てると、T先輩は少し落ち着いたのか 「ごめん…痛かったろ…?お前、初めてなのにな。」 そういいながら、私の頬を撫でていました。
その日からT先輩が恐くて、言いなりになって付き合ってセックスもしていました。
私が拒否した次の日は、学校で荒れるのが酷かったので。。
Y先輩は、しばらく学校に来れなくなって、来てもT先輩たち嫌がらせに遭ってしまい、転校していってしまいました。 私もレイプされて嫌だったけど、Y先輩は私に関わってしまったばかりに、酷い目に遭わされて。
償っても償いきれない気持ちが今でもあります。

腰振り騎乗位AV徒然草 」様とリンクしました

みな OLレイプ強姦体験:悪夢

2fa48976.jpg
私は今年の春に、田舎の短大を卒業して都会のデパートに就職しました。
ちょうどその日は棚卸の日で残業で遅くなり、駅に着いたのは9時を過ぎてしまいました。
疲れていたせいもあり、早く家に帰りかったので、いつもは通らない公園の中を通って帰ることにしました。
そこは浮浪者がたむろしているのは知っていましたが走って駆け抜ければ大丈夫だと思い、公園の出口にさしかかり、ほっとすると、いきなり後ろから口を手でふさがれ、数人で持ち抱えるようにして公園の隅にある小屋のような所に連れ込まれました。
中では浮浪者たちが酒盛りをしていて、私を見ながらニヤニヤしていました。
一人の男が、私に向かって、酒の酌をすれば何もしないというので、私はだまって酌をすることにしました。
しばらくしてから、もう一人の男が、「姉ちゃん、俺には別のしゃくをしてくれないかと」と言い、私は何のことか分からないでいると、男はさらに「 別のしゃくだよ、尺八だよ、フェラチオしてほしいんだよ」。
フェラチオの意味は知ってましたが、いままでそんなことをしたことはありません。
そして、その時私はまだ処女でした。
青ざめて震えている私の前に男が来てズボンを脱ぎ、下着を抜いて、男のものを私の顔の前でさらけ出しました。
ものすごい悪臭とおぞましさから顔を必死で背けると、数人の男たちに顔を無理やり男のものに近づけさせられました。 「いやっ」私は必死で口を閉じて抵抗していると、平手で数発はたかれました。
あまりの恐怖に、私は男のいうとおりにしようと思い、目をつぶり、口を開きました。
男のぬるぬるした物が私の口の中に入ってきたとき、気持ち悪さから男のものをすぐに吐き出してしまいました。
男は、私の鼻をつまむと、再び、それを私の口にねじ込んできました。
男は最初は楽しむ様に、私の口の中に出し入れしていました。
自然と涙が出てきました。
やがて、男の息遣いが荒くなり、私の髪の毛をつかんで前後に激しく揺さぶり、男の「ウッ」という声と同時に口の中に精液をだされました。
必死で男のものを口から出そうとしましたが、髪を捕まれたまま、どうすることも出来ずに、男の精液を無理やり飲まされました。
興奮した男たちは、次々と私にフェラチオをさせて精液を飲ましました。
次に私は、数人の男たちに手足を押さえつけられて全裸にされて、口にはタオルを押し込まれ、必死で抵抗する私のだいじな所に、男のものをいれられました。
あまりの痛さに体がのけぞり、血がでました。
男達は、私が処女であることが分かると、歓声を上げて次々と私のなかに入ってきて中出ししました。
男たちから開放されたのは、朝方ちかくでした。
私は、そこには住めなくなり引越ししました。
あの日の悪夢を思うと自然に涙がでてきます。

巨乳 爆乳 あわせてボイン改 」様とリンクしました

ともか 女子高生レイプ強姦体験:ファーストフード店の悪夢

007123.jpg
皆さんはファースト・フード店というと明るくて清潔なイメージを持っているのではないでしょうか、でも私が働いていた店の店長が30人以上もの高校生ばかりをレイプしていたのです。
その中にはバージンだった子も何人もいたってって言うと、その清潔なイメージも消えちゃいますよね。  
私は、その日の仕事で床に落としたパンを拾い上げ調理場に置きました。
使ったわけじゃなかったのに。。。
でもそれを見つけた店長は、驚くほど私をしかりつけ、控え室で待つよう言ったのでした。
でももう4時間が過ぎていました。
閉店の時間はとっくにすぎていました。  
もしかして、自分のことを忘れてしまったのではないか、と私は思いはじめていました。
でも 「ああ、疲れた。」と制服の上着を私の前の机に投げつけ店長が入ってきました。  
私はその態度におもわず反省していたのを忘れるくらいムッとしました。
「なんだ、その顔は。反省してないのか。」  
雰囲気から、逆らうとめんどうなことになる、と思い私は口をつぐみました。
「ほう、自分は悪くなかったと言いたそうだな。」  
店長は私ににじり寄ってきて制服のスカートをじろじろ眺めるのです。
「そうだよな、ハンバーガーなんて人の食べ物だと思ってないのだろ。だから落としたっていいんだよな」そんな風に言ったと思います。
「そんなこと思ってません。本当に申しわけなく思ってます。これから気をつけてきれいにします。」
「ふーん……きれい……ねえ。本当に清潔なのか、お前は?」
「え?」
「毎日オナってばかりいるんじゃないの?高校生なんか、性欲のかたまりだかんな」
「帰らせていただきます!」  
私は席を蹴りました。  
ところがドアに向かって歩きはじめた私の髪を、店長はむんずとつかむとカクッと首がのけぞるくらいグイグイ引っぱりました。
「や、やめてくださいっ。人を呼びますっ」
「もうみんな帰ったよ」
「!」  
店長は私を部屋の真ん中の大きなテーブルの上に押し倒すと思いっきり制服のスカートをめくり上げたのです。
「じっとしてれば今日のことは許してやろう。」
白い太ももがあらわになると同時に店長はもう悪魔に変わっていました。  
こんな形で大切なものを失うなんて絶対にいやです。
私はスカートのすそを押さえ、起き上がろうとしましたが、すぐにまたテーブルの上に突き飛ばされました。
猫が弱ったねずみをいじめるように私は少しずつ、制服のボタンをはずされ、胸をはだけられ、スカートをめくりあげられました。  
やがてテーブルの上で下着を引きちぎるように脱がされ、店長がかぶさってきました。
がむしゃらに足で蹴り上げようとしたのが逆に簡単に進入されることになったと気づいたのは後からでした。
店長は私の太ももを抱え上げるようにして自分の体をうずめてきました。
「張り裂ける。」
それが処女喪失の私の感想でした。
君のようなまじめな子もあそこは同じだな、いや、予想以上によく締め付けてくれるよ。俺を拒みたいのか。」  
悔しくて涙が出てきました。
私は、必死でずり上がるように逃げました。
でも無駄でした。
少しずつ少しずつ押し入れてきます。
ぐちゅっ、ぐちゅっというつぶれるような音が聞こえます。
「あーっお母さん。。。」
心の中で叫びました。
「でもだんだんスムーズになってきた。かんじるだろう。」
という店長の声を耳にしたときには私の体から力が抜けていきました。
店長の動きはいつまでも続きました。
泣き声の中からこらえようとしてもその動きに合わせて声が出ている自分がショックでした。
夜の窓に映る自分の姿が信じられませんでした。
この店長はその2週間後に逮捕されました。
別の女の子に訴えられたのでした。
警察から私にも事情聴取がありましたが私は訴えませんでした。
あれは悪夢だったと思って。


えろぐ喫茶 - エロ画像速報 - 」様とリンクしました
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
ランキングサイト
人気ブログランキングへ 人気アダルトBLOG アダルト エログ-(エログランキング) アダルトブログランキング【エログなブログ】
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
出会いサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。