FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里奈 女子大生レイプ強姦体験:彼の前で…

13.jpg
高校を卒業し春から地元の短大に決まっていた私は一つ先輩の彼氏がいます。   
いや…彼がいたんです。
親に友達と卒業旅行に行くと嘘をついて先週2泊3日の計画で彼がバイトで貯めて買ったばかりの中古車で温泉に行きました。
憧れていた二人っきりの食事… 彼からお椀をわたされ何度もおかわりをすることに喜んでいました。
お互い自宅同士だったので、今こうして誰にも邪魔や注目されずに旅館の部屋で二人で浴衣を着て食事することが最高の時間なんです。
食事を終え仲良く手をつなぎ大浴場に入ると夜の緊張でドキドキしながら何度も鏡でチェックして身体を丹念に洗いました。
時間をかけお風呂から上がると彼が入り口で待っています… 「遅い!」と笑いながら怒られ私も彼の腕にしがみつきながら 「ごめ~ん」と言って許してもらいました!本当に幸せすぎる瞬間です… 部屋に入ると布団がピッタリと密着して敷いていました。
お互い照れくさそうに笑いながら庭が見える応接椅子に座りビールで乾杯したんです。
出会った頃の気持ち・あのときデート途中の失敗や最初の計画などなど… ゆっくりと本音を話し二人の気持ちが昂ぶったとき 「明日が早いしもう寝ようか?」と彼の言葉に平然を装って「うん!」と返事しましたが…ものすごく緊張していたんです! 彼に誘われ布団に潜り込むと緊張しているのがバレないようにワザとふざけていたら彼は急に真面目な顔をしていきなりキスをされました。
オレンジのランプだけでしたが「お願い…電気消して…」とお願いしました。
でも彼は無言のまま浴衣を脱がせたんです寒くはありませんが… 怖いのと恥ずかしさでブルブル震えていました。
彼の手がぎこちなく後ろのホックを見つけブラを外されると思わず手で胸を隠します!その手を「大丈夫だよ…」と言って優しく外されると乳房を吸われました。
恥ずかしさと彼と結ばれる喜びでもう言いなりでした。
やがて彼はゆっくりと下着に手をかけて下ろします。
思わず彼の手を握り軽い抵抗をしましたが下着を脱がすことに慣れていない彼にバレないように自分から腰を軽く浮かせ彼に脱がせてもらいました。
「恥ずかしい…」彼にキスされながら彼の手がゆっくりと下がり下半身に触れるともう緊張と恥ずかしさで思わず足を閉じました! 付き合って1年と2ヶ月…決して彼を拒んでいたわけではないんですが大切なバージンをカラオケ帰りのラブホなんかでは絶対にイヤだったんです。
彼も分かってくれ二人でバイトをして旅行代に自動車学校代そして中古とはいえ自分のお金で買った車… 私たちの一生の思い出にふさわしい旅館でした。
やがて彼も全裸になると私の足を広げ逞しい身体が割り込んできました。
今まで経験したことがないくらい足を広げる格好になったんです。
友達が笑いながら「あのときってカエルの実験台だよね~」と言っていたことを思い出して彼に気づかれないよう苦笑してしまいました。
彼のキスや温かい胸の中でいよいよ女の子の一大イベントです。
下半身に熱いモノを感じた瞬間!思わず怖くなって彼の首に手を回しました。
何度か彼のモノに突かれたと思ったとき突然一気に突き刺さる痛みと身体を引き裂かれる感覚で大好きな彼とやっと一つになった喜びで涙が出ました。
「痛かった?」 彼の優しい言葉に無言のまま首を左右に振って私から彼にキスをしました。
「動かすよ…」 私は痛みがありましたが、大好きな彼氏を満足させてあげたくてギュッと彼の首に巻いている手に力を入れ無言のOKサインを出したんです。
乱暴に奥まで突かれ大好きな彼氏のモノが強引に侵入して動いています…。
痛いけど彼が私の身体で気持ちいいなら私はその彼を見て満足していました。
実は今回の旅行の日程は私が決めたんです。
そう…今日の日処女を失う日は絶対安全日にしたかったんです。
彼氏の満足感と大好きな彼の精子を自分の子宮で受け入れたくて日程を考えました。
だけど彼は予想に反して突然離れると持参したゴムを装着したんです。
私はとても自分の口から(今日は大丈夫だから中に出していいよ!) なんて言えません… 再び彼に抱かれたとき「里奈を大切にしたいから…」と私に中断した理由を照れくさそうに言ってくれた彼に比べ自分の無神経さに呆れました。
私以上にこの身体を大切に思ってくれた彼にもう大満足です!また私の中に入るとき痛い思いをしましたが彼の優しさに嬉しくて泣きながら抱かれました。
彼の激しい動きから「里奈…里奈ぁ~」と言いながらゴムの中とはいえ私を愛していることがはっきり伝わった瞬間です! 今までの分でしょうか大好きな彼氏に喜んでもらえるように私も好きよ!大好き!ずっと一緒にいて!
とお互い何度も求め合ったんです。
友達の講義でアイスで練習したので私の口で!と覚悟もありましたが 彼が求めなければとても自分の口から「してあげるよ!」なんて言えません。
友達のアドバイスどおりにはいきませんでしたが彼の優しさをあらためて確認できて本当に幸せだったんです。
お互い全裸のまま抱き合って朝を迎えました。
私が目を開けると隣に彼が眠っています! 彼の鼻をつまんで起こします! ワザと彼から怒られながらキスをされました…女の子の至福のときでした。
朝食は大広間だったので浴衣を着て仲良く手をつないで向かいました。
密着度や大胆さが昨日とまったく違います! 誰が見ていようと今日は二人だけの世界でした。
彼のために食事を中断し何度もバイキングに足を運びました。
こんな些細なことでも彼の喜ぶ笑顔が見たいんです。
SEXが気持ちいいんじゃなくSEXで一つになった喜びを感じていました。
朝食を終えると今日は湖畔でボートに乗る計画でした。
少し早いけどドライブしながら湖畔に行くことになったんです。
私は迷いましたがボートを漕ぐときの心配より彼が喜ぶならと思いきってミニスカートを穿いてチェックアウトしました。
女になった今日のために選んでいた春らしいチャコルの半袖Vネックニットセーターにピンクミニと黒ブーツを彼はすごく可愛いよ!といってくれて私も嬉しかったんです。
コートを脱いで半袖のまま助手席に乗ると湖畔に向かって走りました。
当然ナビなんかないクルマなので方向音痴の私がナビゲーターです。
地図上では1時間少しの山越えなんですが… この山道は急カーブの連続でしたが時間が早いせいか私たちのクルマだけでした。
誰もいない二人の空間…私は手を握ってほしくて甘えるように運転している彼の手を強引に握ると 「あっ!ムリ!ムリ!ムリ!」と言ってなかなか手を握ってくれません。
免許取ったばかりなので片手で運転する余裕がないらしく前ばかり見て私の学校生活の話も友達の話題も生返事ばかりで聞いてないようです… 意地悪になった私は「ねぇ見てみて!チラッ!」と言いながらミニスカートを持ち上げ冗談で彼氏を振り向かせようとしていました。
昨日までならとてもできなかったケド…今日は大胆な私… 「やめろ!事故るって!」 彼から怒られることも今日の私にはすごく嬉しかったんです。
もう彼に甘えたくて「喉が渇いたよ~の・ど・か・わ・い・た!」と彼の肩にもたれかかり文句を言いました。
「じゃあ…自販機があったら停めるから…」と言ってくれましたがまた怒られたくて 「喉乾いたぁ~ねぇ・・・・まだぁ~まだなの?チラッ」と言いながらスカートを持ち上げ彼の気を引いていました。
「うるさいなぁ~」と怒りながらも笑い飛ばす彼の笑顔に本当に彼にあげてよかったと心から思いました。
やがて山の頂上付近に舗装されていませんが広い駐車場に3台自販機が並んで置いてありました。
彼はクルマを停めると「なにがいい?」と聞いてくれます。
私は「やだっ!一緒に行く!」と言って彼の腕を掴み自販機の前に行きました。
そのとき、ものすごい爆音を響かせ4台のクルマが通り過ぎたんです… 怖い…思わず彼の腕にしがみつきました。
でも通り過ぎたし… そう思ってウーロンを買ってクルマに戻っているときさっきのクルマが猛スピードで駐車場に入ってきて砂ぼこりの中彼の車を取り囲むように停まりました。
私は身の危険を感じ彼にしがみついたままです。
それがいけなかったんです! お互いクルマに戻れないまましかも携帯もクルマに置いたままでした。
ゾロゾロと人が降りてきました。
アッという間に7~8人に囲まれさらにクルマにも何人か乗っていました。
「おい!邪魔なんだよ!」と言いながら一人の男が彼の車を蹴ったんです。
「なにするんだ!」彼の言葉を待っていたかのように木刀みたいなモノを振り回し彼に殴りかかったんです! 手で木刀を防いでいますが結果はあきらかでした。
「やめて!いや。」私は泣き叫びましたが 「ほらっ!お前には別の用事があるんだよ!」と言って彼から引き離され私を助けようと彼が振り向いた瞬間! 後ろから襲われてしまい地面に倒れると全員の足で彼を蹴り出しました。
「やだ!お願い!死んじゃうよ!」必死に抵抗して男から逃れ彼を助けようとしましたが一台の車の後部座席に乗せられると私が乗せられたクルマだけ動き出したんです。
「イヤッ!停めて!イヤダって!」 「ヤダッ…停めて!帰る!帰して」 何度も帰して欲しいと暴れましたが左右の男から両手を掴まれていて飛び降りることもできません。
「朝の走りもたまにはいいことあるよな!」 「あぁ!今日はラッキーかもな!」 「俺!ジャンケンヨェ~からなぁ」と話しています! 「お願い彼を助けてください!もう許して…」と泣きながらクルマの中で叫んでいると隣の男が 「はぁ~お前さぁ~野郎のことより自分の心配はしなくていいのか?」と言った後…全員がニヤニヤ笑っていました。
「エッ!私…」彼が殺されるかも…の心配ばかりしていましたが男4人のクルマに乗せられ誰も通らない山道… もしかしてこいつらに乱暴される? 現実に乱暴される恐怖に私は突然声を出して 「助けて…お願い酷いことしないで…」と泣き出しました。
やがてクルマは舗装された山道から横に外れクルマ一台しか通れないような細い道を走り抜けると森に囲まれた空き地にクルマが停まりました。
「助けて!お願いします助けて…」 もう下を向いてクルマから降ろされないように願っていたんです。
私の髪やうなじは匂ったり舐められたりしましたが降ろされるとか脱がされることはありません。
よかった…目的が違っていたんだ! 10分ぐらいするとまたあの爆音が聞こえ彼の車も一緒に入ってきました。
必死に彼を捜しましたが彼の車を運転していたのは違う男だったんです。
エッ!彼は…彼はどこ…私の不安に気づいたように男に会いたいんだろ!と左右の男二人に腕を掴まれ外に連れ出されました。
彼は別のクルマの後部座席で口と手をガムテープみたいな物で縛られていたんです。
私の無事な姿に気づくと肩を揺すって私に何かを訴えています。
それに気付き彼の隣にいた男が座席に押さえつけていました。
彼が殴られ怪我をしているとはいえ無事な姿をみて安心しました。
そんな私に今度は自分の身体が危険になりました。
いつの間にか俺達に囲まれていたんです。
「おい!彼氏を助けたいんだろ!じゃぁこっちに来な!」 一人の男が私の肩を抱き奥の茂みの方に連れて行きました。
後ろで10人ほどでジャンケンが始まっています。
え?犯されるの?私… もうブルブル震えるだけで声も出ないんです。
いきなり朝露で濡れている枯れ草に押し倒されたんです…見られる! 慌ててスカートの乱れを直し男から逃げるように奥に逃げましたがすぐ後ろはもう高い崖になっていて登ることなどできません。
男はカチャカチャとベルトとズボンを脱いで下半身だけハダカになるとケダモノみたいに手で自分のモノを動かしながら近づいてきました。
もう恐怖でスカートが汚れようがパンツをモロに見られようが関係なく身体を引きづって後ろに後ろに逃げたんです。
だけど簡単に捕まるとVネックの衿を掴み一気にセーターを引き裂かれるように脱がされました。
「きゃぁぁ~」引き裂く音を出しながら頭から完全に脱がされると今度はブーツを掴まれ逆立ちするように持ち上げられるとパンツを半分破るように脱がされたんです。
ブラジャーとスカートに手で必死に押さえながら逃げ惑いました。
もうこれ以上脱がされまいと抵抗しましたが押し倒され上に乗られるともう動けません…暴れる私の足を無理矢理開かされると汚い指にペッペッ!と唾をつけて私のアソコを乱暴に出し入れをはじめました。
昨夜彼がしてくれた優しいものなんかじゃありません! 必死に身体を起こし「お願いいやだ!」「もう許して!」と泣き叫んで抵抗しましたがブラを首まで持ち上げられると乳房を乱暴に捻りブーツとスカートを穿いたまま一気に突き上げられたんです。
ものすごい痛みに「ギャァ~」と叫びなんとか逃れようともがきましたがブーツごと足を男の肩に乗せられ奥深く突かれたんです。
容赦ない突き上げに枯れ草を握って耐えました! 男のキスを逃れ左右に振っていましたが簡単に捕まり顔中男の臭い舌でビチョビチョになるまで…顎を掴まれ舌を入れられ逃げる私の舌を舐めらました。
言葉が出せずそのかわり涙がボロボロこぼれています。
たった一日でこんなに変わった運命を呪いました。
やがて私の顔から離れ手を私の首に巻きつけるようにして顔だけを起こしピストン運動が早くなりました。
いやっ中は…3ヶ月前からあれほど慎重に基礎体温を計り大好きな彼の精子を浴びたくて計画していたのに… 暴れました!「お願い!…中は出さないで!」「酷いことしないでぇ~」 泣き声を上げ絶対いやだと許しを乞いましたが容赦なく中に出されました。
昨夜の彼とは違い自分の身体に熱いモノが流れる感覚にもう立ち直れない気がしました。
男が私から離れるとすぐに次の男が待っていたんです! グッタリしている私からスカートを脱がせると男の精液でベチャベチャになっているアソコをスカートで拭くと、いきなり犯されたんです! 「もういや!助けて!」叫ぶ私の前に放出したばかりの男がいきなり口に咥えさせられたんです。
「噛んだら男を始末するからな!」 生臭い匂いに嘔吐しました…が容赦なく咥えさせられ舌できれいにしないと彼をここに連れてくると言われたんです… 突き上げる下半身の痛みに耐えながら必死に犯されたモノの始末に舌を動かしていました。
いつの間にか私は大勢の男に囲まれていたんです。
引き裂かれたパンツを匂われたり舐められたり足からブーツを脱がされ 「おい!こいつ足マジ匂うぜ!」とか言って笑っていました。
もう気が遠くなるくらい長い時間でした。
何人に犯されたのかさえわかりませんでした。
最後の方は男の上に乗せられはっきりと彼に見られたんです。
「おら!帰りたいなら彼氏より気持ちいいと言え!」と脅され 「彼のより気持ちいいです」と言わされると 「よしっ!ほらっ!くらえぇ~」と言いながら彼の前で中に出されたんです。
彼も私を見て…私も彼に申し訳ない気持ちでお互い泣きました… 何人も何人も次々に中に出され、終わる度に着ていたセーターとスカートで拭かれ次の男から再び中に出されることを繰り返されている悲惨な私を見て彼は口惜しそうに目を閉じていました。
私も男達から口に咥えさせられている以外は彼に「ごめんね…ごめんね」と無意識に謝っていまし。
何度も何度も犯され意識が飛んでいましたがかすかな記憶から写真も何枚か撮られていました。
会員カードや携帯から名前と住所もわかってしまった記憶があります… 私の旅行バッグから昨日一日穿いていたパンツや明日明後日の予備のパンツまで盗られると交代で匂いながら 「里奈ちゃんのマンコ臭いよ!」 「ココ…染みがあるじゃん~」と私をからかっていました。
どれくらいの時間かわかりません 「いやぁ!…誰か飛んできて!…」と意味不明な自分の呟く言葉にハッ!と気づくと泣いて私の髪を撫でている彼氏の膝に頭を置いて倒れていました。
すでに男達の姿はありません。
身体の痛みと今の格好で今までの出来事が現実だとわかったとき彼の胸でワンワン泣きました… 「ごめんなさい…ごめんなさい」 「喉乾いたなんて言ったから…」 彼が「大事な身体」といってくれたのに私の力で守ることができず何人も何人ものケダモノみたいな連中に犯され彼さえもしなかった口での奉仕や彼だけの子宮に遠慮なく浴びせられたケダモノの精子… 彼も髪を優しく撫でながら泣いてくれました。
このまま死にたい気持ちだったけど… 彼に優しく抱かれるように助手席に乗せられると彼は散らばっている私の 化粧道具や携帯電話・手帳に財布から捨てられたいろいろな会員証、汚れたGパン・ブーツを拾ってくれたんです… そして私が犯された場所にボロボロになって捨てられていたスカートを拾っていましたが…あまりの精液の付着の彼は悲しそうな顔をしてその場に捨てたまま戻りました。
下着は全部ありません…セーターやキャミはボロ雑巾みたいに精液まみれで捨てられていました。
クルマは走り出しましたがお互い無言のままです。
自分でも気持ち悪くなる男の精液の臭いに耐えきれずラブホが見えると 「お風呂に入りたい…」と彼にいいました。
彼は意味がわかってくれすぐに近くのラブホに入ってくれたんです。
服もすべて持ち去られてしまい仕方なくコートにブーツだけで部屋に入りました… 彼が抱き寄せ「一緒にお風呂に入る?」と言われましたが 「ゴメン…一人にして…」と言ってお風呂に入りました。
時間をかけて何度も洗い必死になってシャワーと指でなんとか少しでも掻きだそうとしたんです。
見えないけど私の身体がドス黒く汚れているみたいで再び最初からゴシゴシ洗う…そんな繰り返しで皮膚が一枚剥げるほど何度でも流していました。
髪を乾かしお風呂から上がると彼は気まずいのか黙ったままお風呂に入ったんです… ソファに一人で座っていたら自然と涙が出てきます… それが自分の中の合図みたいに堰を切ったように嗚咽… そしてもう子供のようにワンワン泣きました… 結局… 残りの旅行はキャンセルし制止する彼を振り切って電車で帰ってきました。
今はとても彼からの電話にも出れません。
大好きな彼ですが… 彼の前で犯されたショックはお互い一生消えないと思います。
別れたくないけど別れるしかないんです! 彼以上の人をこれから見つけるなんてありえません! そんなことを考えると諦めてくれる別れした方が彼のためかもしれません。
彼の将来のためなら親には申し訳ないけど私はお別れできます… せめての救いは大切はバージンを大好きな彼にあげて喜んでくれた一日があったことです。

エロニュースの日刊セフレ 」様とリンクしました
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
ランキングサイト
人気ブログランキングへ 人気アダルトBLOG アダルト エログ-(エログランキング) アダルトブログランキング【エログなブログ】
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
出会いサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。