FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ともか 女子高生レイプ強姦体験:ファーストフード店の悪夢

007123.jpg
皆さんはファースト・フード店というと明るくて清潔なイメージを持っているのではないでしょうか、でも私が働いていた店の店長が30人以上もの高校生ばかりをレイプしていたのです。
その中にはバージンだった子も何人もいたってって言うと、その清潔なイメージも消えちゃいますよね。  
私は、その日の仕事で床に落としたパンを拾い上げ調理場に置きました。
使ったわけじゃなかったのに。。。
でもそれを見つけた店長は、驚くほど私をしかりつけ、控え室で待つよう言ったのでした。
でももう4時間が過ぎていました。
閉店の時間はとっくにすぎていました。  
もしかして、自分のことを忘れてしまったのではないか、と私は思いはじめていました。
でも 「ああ、疲れた。」と制服の上着を私の前の机に投げつけ店長が入ってきました。  
私はその態度におもわず反省していたのを忘れるくらいムッとしました。
「なんだ、その顔は。反省してないのか。」  
雰囲気から、逆らうとめんどうなことになる、と思い私は口をつぐみました。
「ほう、自分は悪くなかったと言いたそうだな。」  
店長は私ににじり寄ってきて制服のスカートをじろじろ眺めるのです。
「そうだよな、ハンバーガーなんて人の食べ物だと思ってないのだろ。だから落としたっていいんだよな」そんな風に言ったと思います。
「そんなこと思ってません。本当に申しわけなく思ってます。これから気をつけてきれいにします。」
「ふーん……きれい……ねえ。本当に清潔なのか、お前は?」
「え?」
「毎日オナってばかりいるんじゃないの?高校生なんか、性欲のかたまりだかんな」
「帰らせていただきます!」  
私は席を蹴りました。  
ところがドアに向かって歩きはじめた私の髪を、店長はむんずとつかむとカクッと首がのけぞるくらいグイグイ引っぱりました。
「や、やめてくださいっ。人を呼びますっ」
「もうみんな帰ったよ」
「!」  
店長は私を部屋の真ん中の大きなテーブルの上に押し倒すと思いっきり制服のスカートをめくり上げたのです。
「じっとしてれば今日のことは許してやろう。」
白い太ももがあらわになると同時に店長はもう悪魔に変わっていました。  
こんな形で大切なものを失うなんて絶対にいやです。
私はスカートのすそを押さえ、起き上がろうとしましたが、すぐにまたテーブルの上に突き飛ばされました。
猫が弱ったねずみをいじめるように私は少しずつ、制服のボタンをはずされ、胸をはだけられ、スカートをめくりあげられました。  
やがてテーブルの上で下着を引きちぎるように脱がされ、店長がかぶさってきました。
がむしゃらに足で蹴り上げようとしたのが逆に簡単に進入されることになったと気づいたのは後からでした。
店長は私の太ももを抱え上げるようにして自分の体をうずめてきました。
「張り裂ける。」
それが処女喪失の私の感想でした。
君のようなまじめな子もあそこは同じだな、いや、予想以上によく締め付けてくれるよ。俺を拒みたいのか。」  
悔しくて涙が出てきました。
私は、必死でずり上がるように逃げました。
でも無駄でした。
少しずつ少しずつ押し入れてきます。
ぐちゅっ、ぐちゅっというつぶれるような音が聞こえます。
「あーっお母さん。。。」
心の中で叫びました。
「でもだんだんスムーズになってきた。かんじるだろう。」
という店長の声を耳にしたときには私の体から力が抜けていきました。
店長の動きはいつまでも続きました。
泣き声の中からこらえようとしてもその動きに合わせて声が出ている自分がショックでした。
夜の窓に映る自分の姿が信じられませんでした。
この店長はその2週間後に逮捕されました。
別の女の子に訴えられたのでした。
警察から私にも事情聴取がありましたが私は訴えませんでした。
あれは悪夢だったと思って。


えろぐ喫茶 - エロ画像速報 - 」様とリンクしました
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
ランキングサイト
人気ブログランキングへ 人気アダルトBLOG アダルト エログ-(エログランキング) アダルトブログランキング【エログなブログ】
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
出会いサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。